自立立体駐車場の可能性を知りたい
2022年1月15日

コインパーキングの仕組みについて

街中に在るコインパーキングは便利な駐車場です。有料ではありますが、30分単位で借りる事が出来ますので、ちょっとだけ借りたい時など便利なのです。用事を済ませるために30分から1時間だけ車を止めておきたい時などに利用出来ます。しかも、30分で100円と言った低料金で止めておけるので経済的です。

所で、コインパーキングと言うのはどのような仕組みになっているのかご存知でしょうか。自動車を止めておく時間は30分単位で課金されていきます。この時間をどのように決めているのか不思議に感じる人も多いのではないでしょうか。コインパーキングには自動車を止めるスペースのところに車輪止めが在ります。

この車輪止めはスイッチになっており、車輪止めの上をタイヤが乗る事でスイッチがオンとなりタイマーをスタートさせるのです。車を再び出す時には車輪止めが上に上がっているので、車を出すことが出来ません。車輪止めを下に下げるためには料金を支払う必要が有るのです。駐車場の入り口付近には料金ボックスが在るので、そこで車を止めている場所に付いている番号のボタンを押してから料金を支払う事で車輪止めが下方向に下がり、車を移動させることが出来ると言う仕組みになっているのです。

また、駐車している時間は車輪止めの上をタイヤが乗ってスイッチがオンになってから料金を支払うまでの時間となりますので、仮に31分後に料金の支払いをした場合は30分100円の場合であれば200円の料金精算が必要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です