自立立体駐車場の可能性を知りたい
2022年1月6日

コインパーキング利用での注意

近年急増するコインパーキングは、不動産会社や鉄道事業を行う企業が、運営していることが多く、空いた土地を活用するため、オーナーから土地を借り上げて、30分や1時間と時間割料金負担の形式でパーキング事業を行っています。よく、街中などで、「30分100円」「24時間最大料金500円」のように目立つ看板広告が立てられているのを見たことがある人も多いでしょう。このコインパーキングを利用したときのエピソードをお話しします。ある日、急な用事で家を出て、荷物が多かったことから車で出ることにするのですが、とある駅前のコインパーキングに駐車することにしました。

そこには、1日最大500円と書かれており、翌日帰宅する予定であったため、安さに安心して車を預けました。1日最大500円であるから、2日で1000円と思っていたら、出庫する際に精算すると2900円の請求がきました。たまたま、近くのスーパーで買い物をして、レシートがあったため、駐車券にスタンプを押してもらいに行くと入庫から4時間無料としてもらえたので、割引にはなったのですが、2500円と予定よりも高い金額であったことにいら立ちを隠せませんでした。看板の1日最大500円というのは、初回のみの話で、入れ替えなしで連続駐車となると2日目は30分や1時間と経過時間が累積されて計算されるシステムであると説明を受けました。

万が一、これが数日続くようであれば、1万円を超える精算となることもあり、長期間の駐車はしっかりと確認した上で注射をしなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です