自立立体駐車場の可能性を知りたい
2021年12月6日

車両ラッピングで効果的な宣伝を

車両ラッピングのデザインはどのようなものが良いのでしょうか。見える角度や車の形やサイズなども考慮しながら、最も効果的なデザインを考えていかなければなりませんが、通常は専門的な知識がなくても、専門業者と相談しながら最適なデザインを決めることができます。シンプルな車両ラッピングとしては、営業車や社用車に多く見られるような、社名を大きく表示するだけのシンプルなものから、コーポレートカラーを全面に打ち出すことでより一層会社のイメージアップを図ったり、キャラクターを配置したりすることも可能です。どのようなデザインにしても自由であり、ペイントなどとは異なり表現力も豊かななので、描けないデザインはないと言っても過言ではありません。

また、フィルムを貼れるしペースが十分あり様々な角度から視認できます。車の側面やボンネットの上の部分、あるいはバックにもラッピングは可能です。部分的な車両ラッピングは費用を抑えることができ、施工時間も短くて済むのが魅力です。社名だけのワンポイントであればDIYでもできないことはないでしょう。

ラッピングフィルムは耐久性が非常に高い特殊なものですが、耐用年数に関しては使用環境によってかなり変わってきます。車庫がある場合は5年程度は持ちますが、常に路上駐車している場合は3~4年程度で寿命となることが多いです。寿命が来たら簡単に剥がすことができ、また新しく作って貼りかえればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です