自立立体駐車場の可能性を知りたい
2021年10月3日

階段がないので移動もスムーズな自走式立体駐車場

津波は沿岸部だけでなく、河川が近くにある場所でも十分な注意が求められます。河口から津波が入って来て被害を与えるケースもありますし、海面よりも低い地域などではその被害は大きくなりがちです。一刻も早く非難することが求められるわけですが、防災マップの中には自走式立体駐車場が指定されている場所も少なくありません。自走式立体駐車場は、車をより多く収容できる構造になっているため広い空間が確保されていますし、車を走行するための車路も広めになっているので非難するときなど大勢の人が押しかけても安全に誘導できるメリットを持ちます。

避難場所では、避難した人が安全に待機できるための構造が求められます。自走式立体駐車場は高さの制限などはあるけれども、車重制限はほとんどなく鉄骨造の構造などからも大きな地震の揺れでも構造そのものが倒壊するリスクが非常に少ないといいます。スロープを利用して車を走らせる構造になっているため、階段などを使わずに避難場所もしくは避難階への移動が可能です。普段は駐車場として機能するのが立体駐車場、立体および多層化の構造は敷地面積の有効活用にも繋がり収容台数についても十分な確保ができるメリットがあります。

路上駐車対策にも効果的ですし、路上駐車の割合が減ると街の美観向上にも役立ち普段から駐車場の機能を持つ施設として地域に住む人々への認知度が向上します。これにより、自走式駐車場は避難場所で指定されるケースが多いといいます。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です